< < MENU

掲載記事・取材のご紹介

医療はサービス

医療がサービス業だといわれて意外に思うかもしれませんが、考えてみれば私たちは何かを作り出す職業ではありません。医療というかたちにならないものを患者さんのもとに届けるというサービスを行っているわけです。 サービスの向上のためには、最高の診療技術を提供するのはもちろんですが、医療という情報を患者さんに届けるというのも一つの方法だと思っています。診察時に写真で症状の説明をするのも情報提供ですし、さまざまな 治療の可能性を説明するのも情報の提供になります。
ホームページも情報提供の場として最近はかなりの医療機 関が使っていますが、新聞という昔からの方法もかなり効果的なものです。
当院でも情報開示のための一つの方法に新聞を使っていきたいと思います。 このページでは、クリニック内で配布している新聞の記事を紹介しています。

現代書林社 (2018年1月12日発売)

理事長 深川和己 の著書が発売されます。

「悩んでいる花粉症の症状」で「鼻水」と第一位を競い合っている「目のかゆみ」。発症(花粉飛散)2週間前から眼科での治療を始めれば、かゆみのピークも圧倒的に和らぎ、かゆみを感じる期間も、薬も、通院の手間も、治療費も劇的に減らせることはまだほとんど知られていない。10人に1人も患者さんしかしていない、目の花粉症の【初期治療】を、ベテラン眼科専門医がやさしく解説します。「眼にもマスク」で効果倍増・予防法とセルケアも満載!

HOYA.co.jp おとなメガネコラム Vol.01 老眼の初期症状と対策

HOYAのホームページに岩崎院長のコラムが掲載されました。

老眼とは、加齢とともに誰にでも起こる症状。本や新聞の細かい文字や見えづらくなったり、遠くから近くの距離、近くから遠くの距離にピントが合わせづらく感じたりしたら、ピント調整を補う対策が必要です。今回は、両国眼科クリニック院長の岩崎美紀先生に、老眼と初期症状と対策についてお話を伺いました。